So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

発熱相談センターは今? [新型インフルエンザ]

5月の最初の新型インフルエンザ流行時には、さかんにマスコミや舛添大臣なども、症状があってもすぐに病院には行かず、保健所など発熱相談センターに連絡してから、発熱外来を受診してくださいと呼びかけていました。

ですが、今それを超える大流行がはじまると、そうゆう呼びかけは全くといっていいほど聞かなくなりました。
事実上、発熱外来だけでは無理になり、全ての医療機関にて受診できるようになったことで、意味がないというか本音と建前というか、そんな感じでしょうか。

しかし、今どうゆう方針なのかをはっきり伝えてくれないと、混乱するのは国民です。ここは、きっちり厚労省が、新型の現在の対応は、どうすればベストなのかを常に発信するべきです。

最近、他の病気やお見舞いなどで、病院に行くとなんとなく恐くなりました。

これは、マスコミの責任で厚労省に対して要求してほしいです。

※通販サイト

※関連ブログ


マスクまとめ買い通販のTOPに戻る



nice!(0)  トラックバック(0) 

新型インフルエンザにおけるマスク論争 [マスク]

新型インフルエンザが発生し、日本でも5月ごろ流行をはじめました。そうすると、その実態がわからないという事もあり、マスクがドラッグストアから消え、日本中がマスクを探し回るという現象がおきました。

そうすると、色んなメディアなどでマスク不要論が目立ちはじめました。「マスクは意味がない」「マスクの効果が科学的に証明されているわけではない」「マスクをしているのは、日本人だけ・過剰反応だ」などなど。。

まず、はっきりしている事は、マスクをするしないは、個人の新型インフルエンザに対する姿勢、考え方の問題で他人に対して、どうこう言うのはおこがましいという事。僕は、マスクは必要だと思っているが、だらかといってしていない人に対しては何も言わないし、言うつもりもない。

マスクをするよう呼びかけているマスコミを批判する人もいるが、いくらテレビで、マスクを着用するよう呼びかけようが、するしないは個人の選択であって報道自体を批判するのは、お門違いであるという事。

そして、僕がマスクは必要だと思っている理由は、まず予防という観点で言えば、マスクをしたからといって100%感染を防げると思っているわけではなく「感染する可能性を少しでも減らす」という考え方です。マスクをしない方に比べたら感染する可能性がどちらが高いか?というば、していない方のほうが、リスクが高いのはあきらかですよね。

感染者が少なければ少ないほど、重症化しやすい基礎疾患をお持ちの方や妊婦の方、脳症のリスクがある6歳未満の児童、これらの人の感染リスクが減らせます。

そして、感染拡大防止の観点からは、何より感染した人が「人にうつさない」これは、一番の予防策です。これは、予防的にマスクを着用するのと別ではなく、繋がっています。それは、感染した人が、感染した瞬間から気づいているわけではないという事です。

ある日、発熱など症状がでる、そして診察を受け新型に感染した可能性が高いという事になる。そこで、初めてマスクを着用したとしても、その間ウイルスを撒き散らしているのです。

だから、予防的にマスクをしているほうが最初からウイルスを巻き散らかさないで済むという事になります。

これは、僕の考え方です。だからといって、マスクは意味がないと言っている方に押し付ける気はありません。
なので、マスクは意味がないと言っている方も、マスクをしている方に対して、あれこれ言うのは、やめましょう。

あくまで、個人の姿勢の問題ですから。

※通販サイト

※関連ブログ


マスクまとめ買い通販のTOPに戻る

nice!(0)  トラックバック(0) 

二つの新型インフルエンザ、H1N1型とH5N1型 [新型インフルエンザ]

現在流行している新型インフルエンザといえば、豚インフルエンザが変異し人への感染をはじめた「H1N1型」ですが、元来危惧されていた新型インフルエンザといえば、「H5N1型鳥インフルエンザ」が変異し、人人感染をはじめる・・というものでした。

現在のH1N1型は、今のところ弱毒性であり、基礎疾患をお持ちの方や、幼児、妊婦さんなどを除けば、症状としては、季節性インフルエンザと大差のないもので、マスクやうがい手洗い等、予防策をしっかりしていれば、恐いものではないというウイルスです。

通販などで、マスクやある程度の食料を備蓄をしておけば、十分対処できると言われています。

しかし、H5N1型鳥インフルエンザが新型に変異した場合、強毒性だと言われており今の新型とは違い死亡者もかなりでるという予測があります。今は、すっかり忘れられている感のある鳥インフルエンザですが、その脅威がなくなったわけではなく、着々と近づいてきている事は、間違いありません。

以下は、政府が発表している鳥インフルエンザへの取り組みの概要です。

近年、東南アジアを中心に鳥インフルエンザが流行しており、このウイルスが鳥から人に感染する事例が数多く報告されています。このような鳥インフルエンザのウイルスが変異することにより、人から人へ感染する新型インフルエンザが発生する可能性が危惧されています。
 新型インフルエンザは、毎年流行を繰り返してきたインフルエンザウイルスとは表面の抗原性が全く異なる新型のウイルスが出現することにより、およそ10年から40年の周期で発生しています。人類のほとんどが免疫を持っていないために、容易に人から人へ感染し、世界的な大流行(パンデミック)が引き起こされ、大きな健康被害とこれに伴う社会的影響が懸念されています。
 我が国では、新型インフルエンザ対策を国家の危機管理に関わる重要な課題と位置付け、流行に備えた準備を早急に進めています。
 感染の広がりをできる限り抑え、健康被害を最小限にとどめるとともに、社会・経済を破綻させないために、国における対策はもちろんですが、自治体や企業、さらには国民一人一人が正しい知識を持ち、必要な準備を進め、実際に新型インフルエンザが発生した際に、適切に対応することが大切です。

※通販サイト

※関連ブログ


マスクまとめ買い通販のTOPに戻る

nice!(0)  トラックバック(0) 

まとめ買いの勧め [通販]

新型インフルエンザの流行で、必需品になったのがマスクですが、まだまだドラッグストアなど店舗で購入する方が多いと思います。店舗で買う良さは、「すぐに手に入る」「実物を見て買える」という事があります。

しかし、価格については通販に比べ、割高になってしまうのが現状です。それは、どうしかというと購入する枚数の問題で、店舗ではまとめ買いというのは、できません。せいぜい多くても50枚セットくらいです。そして、ドラッグストアなどでは、買占めを防ぐ為に1人あたりの買える枚数を制限する店舗も多いです。

一方、通販では50枚セットから1000枚セットくらいまであり、その為枚数が多ければ多いほど、一枚あたりの価格が割安になるのです。枚数が多ければ、一枚あたり50円台で、高機能サージカルマスクが買えるのです。

どうして、安いのがいいのかというと、新型インフルエンザ対策におけるサージカルマスクは、基本的に使い捨てです。繰り返し同じマスクを着用すると、マスクに、付着したウイルスで感染してしまうからです。

なので、一枚あたりの価格が安ければ安いほどいいのです。

通販の良さは、もう一つあって、わざわざドラッグストアに足を運んだけれど売り切れだった・・という事がありません。5月の流行時には、何店舗もマスクを探して走り回った方がニュースになってましたよね。

通販では、自宅にいながら在庫のあるなしも分かりますし、お得なまとめ買いもできる・おまけに安い。どれだけ、通販が購入するほうがお得かがわかりますよね。

それと、1000枚くらいのセットを、家族や親戚、ご近所さん同士で、共同で購入し分け合うというのもいい方法だと思います。

※通販サイト

※関連ブログ


マスクまとめ買い通販のTOPに戻る

nice!(0)  トラックバック(0) 

新型インフルエンザの備蓄 [通販]

新型インフルエンザの発生から、予防の為の商品がたくさん通信販売を中心にたくさんでてくるようになりました。H5N1鳥インフルエンザの新型への変異が懸念されていた時期は、あまりニュースになることもなく、マスクなど対策商品市場も小さいものでしたが、H1N1型ウイルスが新型に変異してからは、マスクや消毒液、加湿空気清浄機など、すごい数の商品がならんでいます。

たくさんでてくると、その中には「?」をつけたくなるようなものもでていますし、この新型インフルエンザに便乗した商売もかなりあります。消費者のみなさんは、こういったものに騙されないように、慎重に選んでください。

そして、今回紹介するのは、高島屋さん保存食セットを発売したというニュースです。以下のとうり。

高島屋は、新型インフルエンザ対策として、保存用食料品セットを全国の高島屋20店舗で9日から発売する。おこわやうどんを詰め合わせた「お買い得パッケージ」(3150円~)と、料亭や有名レストランにちなんだレトルト食品セット「プレミアムパッケージ」(7350円~)など3シリーズを販売する。感染予防用品は全国17店舗で、マスク(80万枚)などを発売する。

まぁ、正直もっと価格の低いものを備蓄しようと思えば、いくらでもありますけど、備蓄といえどいいものを揃えたいという方には、いい商品だと思います。

最低でも、お米だけはある程度備蓄しておいた方がいいでしょう。家族全員が感染して買い物にでれないという事もありますから。

そして、マスクは2ヶ月分くらいは用意しておかないと、あと1ヶ月もすれば品薄状態になることは間違いありません。

※通販サイト

※関連ブログ


マスクまとめ買い通販のTOPに戻る

nice!(0)  トラックバック(0) 

新型インフルエンザワクチン [新型インフルエンザ]

新型インフルエンザ対策として、一日も早いワクチン接種が待たれるところですが、早くても10月の下旬頃からになりそうですね。それまでは、マスクをし、うがい手洗いを頑張って、予防するしかありません。そして、ワクチンは、全国民分はないそうですから、若くて健康体の方は接種できそうもないですね。

そして、厚生労働省は8日、10月下旬から始まる新型インフルエンザワクチン接種の具体的な方法を公表しました。1人2回、医療機関に予約して接種することを原則とし、必要な自己負担は計6000~8000円程度だそうです。当初、国が負担するという話だったような気がしますが・・・。

「医療従事者」「妊婦」「基礎疾患のある人」など優先順位の高いグループから順に、ワクチンが確保でき次第、接種をはじめるようですが、基礎疾患のある人の中にも厳密にいうと優先順位ってあると思うんですが、どうなんでしょう?!。

 今回の接種は、予防接種法に基づかない任意接種の扱いで、国は接種の勧奨はしないという事ですが、これはおかしいですよね。どうみても、経済的な理由でこうなっているのか・・それとも、民主党が政権をとった今、国民負担をしいても、その時は民主党政権だから自民党は関係ないよっていう思惑がありそうですね。

生活保護世帯などの低所得者の負担軽減策として自治体が助成するよう、国が補助金を出すそうすが、それだったら、最初から国がメーカからワクチンを買い上げればいい話です。

 接種は(1)実施を希望する医療機関(2)市町村が選定した医療機関--が実施、厚労省と委託契約を結ぶ。都道府県は10月中旬までに医療機関をリスト化しワクチン配分量を決める。医療機関での接種が原則だが、社会福祉施設などの要望を受け、医師が出向いての集団接種も認める。

 医療機関で接種を受ける人には、対象者であることを証明する母子健康手帳や保険証などの提示を求める。基礎疾患がある人は、かかりつけの医療機関での接種が望ましいが、別の医療機関で受ける場合は、主治医に「優先接種対象者証明書」を発行してもらう。

 新型インフルエンザは国民の大半に基礎免疫がないため2回の接種が必要で、3~4週間の間隔を空けると効果が高いとされる。各グループの接種期間は1カ月半程度などを目安とするが、期間が過ぎても接種できる。副作用被害は医療機関から国に直接報告させ、速やかに公表するとした。

副作用被害は、速やかに公表するとの事ですが、過去に厚労省は都合の悪いデータを何度も隠蔽してきた過去がありますから、ちゃんとでてくるのか心配です。

※通販サイト

※関連ブログ


マスクまとめ買い通販のTOPに戻る


nice!(0)  トラックバック(0) 

新型インフルエンザ予防のポイント [新型インフルエンザ]

新型インフルエンザの感染予防のポイントについてまとめました。
 
1)「まずは、なるべく人ごみに行かない」という事です。当然、人が多ければその中には、感染者がいる可能性も高いわけですし、電車など人との距離も近いので感染のリスクが高まるからです。ですが、仕事などどうしてもそうゆう場所へ行かざろうえない時もあります。そうゆう場合は、しっかりマスクをしてください。

2)サージカルマスクを着用する。色々なマスクがありますが、新型インフルエンザに対してはサージカルマスクが推奨されています。マスクを着用するという意味は、感染を防ぐという事と、人にうつさないという二つがあります。感染を防ぐという事に関しては、マスクを着用したからといって100%防げるわけではありません。
しかし、感染する可能性を下げるという事に意味があります。

このところ、「マスクで感染は防げない」だから、マスクをするなんて意味がない。なんていう事を言う方がいますが、0か100かという事ではなく、感染をする可能性を下げる努力をしようという事が大切なんです。感染をしていますと、重篤な症状になってしまう方がいます。

6歳以下のお子様には、インフルエンザ脳症というリスクがあり、また基礎疾患をお持ちの方が亡くなるというケースが増えています。その方たちの感染を防ぐには、少しでも感染者を少なくするという事が一番の予防策になるのです。自分は、若くて健康だから感染しても平気だよ・・なんて事ではないのです。自分を守るという事は、社会全体を守るんだという意識を持つ事が大切です。

そして、感染したら人にうつさないという事が、何より大切です。マスクをしっかり着用し、なるべく人との接触をさけて生活しましょう。

3)最後に、うがい手洗いです。これは、だいぶ習慣にしている方が増えたのではないでしょうか?!手はしっかり指の間まで洗い、同じタオルを繰り返し使わないなどの工夫もしましょう。

※通販サイト

※関連ブログ


マスクまとめ買い通販のTOPに戻る

nice!(0)  トラックバック(0) 

ドラッグストアでは、マスクが品薄状態 [マスク]

新型インフルエンザの襲来によって、ちょっとしたマスクパニックが起こっています。日頃は、いつでも買えるはずのマスクが、どこに行っても買えない。人が、抗体をもたないウイルスだけに余計にパニックになってますね。

ただ、弱毒性という事なので健康体の方は、それほど重症化することはないと思いますけどね。

以下は、マスクが品薄って事のニュース。

新型インフルエンザで、マスク・パニックが襲来! 5月20日、東京都と神奈川県内の高校生2人が、新型インフルエンザに感染していることが判明。恐怖のウイルスは、ついに首都圏にも侵攻してきました。この影響で、薬局などには、マスクを買い求める人が殺到! 東京都渋谷区のドラッグストア「マツモトキヨシ」では、開店後に陳列したマスク約200枚が、昼頃には完売。大量に買い求める顧客が多いため、お1人様1~2枚の購入に、制限しましたが、それでも、わずか数時間で売り切れてしまいました。一方、都内の発熱相談センターには、「マスクが買えない!」「どこに行けば買えるの?」といった悩み多き相談が、相次いでいます。


こうしたマスクの品薄状態は、ネットオークションを見ても明らかです。楽天のオークションサイトでは、マスクが高値で取引され、在庫がある店でも、高価なマスクしか残っていない模様。また、ヤフー・オークションに出品されたあるマスク(1箱50枚)には、64件の入札が殺到し、スタート価格1,980円が、落札時にはなんと17,000円! 8.5倍に跳ね上がりました。一方、厚生労働省は4月末、マスク業界に対し、増産を要請。これを受けて、各メーカーは既に、月に約3億枚の製造を目標に増産を開始しており、品薄状態は、徐々に解消される模様……。22日には、埼玉県でも感染者が確認され、株式市場で、シキボウ、大東紡織などの繊維株が、上昇軌道を続ける傾向は、今後も続きそうです。

※通販サイト

※関連ブログ


※※マスクまとめ買い通販のTOPに戻る



nice!(0)  トラックバック(0) 

子供用マスク増産へ [通販]

新型インフルエンザからの感染を防ぐ上で、欠かせないのがマスクですが、子供には普通サイズのマスクは大きすぎて、隙間ができてしまい効果が薄れてしまいます。

子供には、子供用の小さめマスクが必要で、需要が高まっているようです。販売形態は、これまでのドラッグストアとともに、通販での購入が急増しているようです。通販では、在庫豊富でまとめ買いができる為、一枚あたりの単価が安く、お得な上にドラッグストアに足を運んだが売り切れだった・・という事がないのも魅力の一つのようです。

以下は、子供用マスクについてのニュース。

新型インフルエンザが大流行の兆しをみせ、予防策として、マスクを買い求める人が急増しはじめた。子供が重症化する事例が相次いでだと報じられこともあり、とりわけ子供向けマスクが売れている。こうした状況をうけて、マスク製造メーカーでも前年に比べ、増産の体制をとりはじめた。

売り上げが前週に比べ3~4倍増
関東圏を中心にドラッグストアを運営するセイジョーでは2009年8月15日~16日、マスクの売り上げが前の週に比べて3~4倍増えたという。中高生の集団感染の報道が増えはじめたのと、沖縄でははじめて感染による死者が確認されたのが影響した。

セイジョーの担当者は今のところ、マスクの品切れの心配はない、という。在庫が4~5月頃と比べると潤沢に用意されているからだ。春の場合は異例で、品薄のところに購入者が殺到した。しかし、これからのシーズンはマスクの需要が増え始める時期。担当者は「そのための在庫は十分に確保しています。それだけでなく、インフルエンザの流行に備えて、例年よりも多めの在庫も持っています」と話す。

「前年に比べて3倍の生産体勢にしたい」
また、インターネット販売のケンコーコムでは2009年8月19日、マスク関連ページの閲覧数(PV)が前日に比べて3倍に跳ね上がったという。マスクの注文数、問い合わせ件数が増加傾向で、とりわけ子供向けのマスクが売れているそうだ。担当者によると、この日はちょうど子供が重症化する事例が相次いでいることが報じられために、「心配した人が増えたのでは」と話している。

さらに、秋冬の流行を見越して、マスクを製造するメーカーでは増産を視野に入れはじめた。衛生用品大手のユニチャームの場合、新型インフルエンザが話題になった2009年4月下旬から、24時間体勢のフル生産で対応してきた。担当者によると、今後も流行が言われているため、前年に比べて3倍の生産体勢にしたいと働きかけている最中という。また、興和でも、マスクの生産は少なくとも前年以上にしたいとしている。担当者は「主力の『3次元マスク』はとくに増強していきたい。品不足による不安は与えたくない」という。

※通販サイト

※関連ブログ


※※マスクまとめ買い通販のTOPに戻る



nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。